ペニス増大サプリでチンコを増大しませんか?このページでは効果が分かったペニス増大サプリを5つご紹介しています。

ペニス増大サプリランキング2018年!増大するサプリ

精力剤

医薬品(ED治療薬)と精力剤の違いとは?

投稿日:

医薬品(ED治療薬)と精力剤の違いとは?

精力剤の分類

精力剤として効果のある製品は、医薬品(ED治療薬)とそうではない製品の二つに分類されています。特に、医薬品(ED治療薬)に分類されている精力剤は効果が高いのは間違いありませんが、精力剤特有の副作用も存在するということを理解しておかなくてはいけません。

  • 医薬品(ED治療薬)
  • 医薬品(ED治療薬)以外の製品

日本国内で、専門的な精力剤として入手できる医薬品はそれほど多くはありません。少なくとも、クリニックに行って処方してもらえる医薬品はわずか3種類程度しかありません。そもそも、精力剤は医薬品の中でも特に副作用が強いものであると考えられています。

例えば、日本国内で最初に医薬品として提供されたバイアグラという製品は、服用した患者の実に8割から9割に対して何らかの副作用が生じることが報告されています。それだけではなく、バイアグラのような初期型の精力剤は、患者が空腹時の状態でしか服用することができないという難点もあります。

確かに、精力剤は勃起不全に大きな効き目が存在するものなのですが、従来型の精力剤を服用すると効き目と同時に風邪の初期症状に似た副作用を経験することになります。最新の専門的な精力剤は、バイアグラほどの副作用はなく全体の約2割程度しか副作用が生じないのでおすすめです。

ただ、効果や食事に関する注意についてはバイアグラと同様に気を付けておかなくてはならないので、最大限の効果を期待するのならば必ず用法と用量を守らなくてはいけません。

医薬品以外の精力剤の効き目は?

一方で、医薬品として分類されていない精力剤に関しては、はっきりとした医学的な根拠のある効果は期待できませんが、一定の効果を体感することもできるので、まったく効き目がないわけではありません。中でも、精力剤として非常に効果が高いと考えられている下記の成分はおすすめです。

  • シトルリン
  • アルギニン
  • マカ

これら三つは、専門的な医薬品を利用しなくても一定の効果が確認されている成分であり、特に男性の勃起不全を改善してくれる働きも期待されています。マカに関しては、既に世間でも周知されている成分であるため参考にしている人は多いでしょう。

ただ、この中でも特に注目をしたいのはシトルリンという成分です。この成分は、元々医学に応用するために研究していた成分であるため、その効き目に関しては他の成分よりも医学的な根拠があると言えます。

シトルリンはアミノ酸の一種

基本的に、医学的な根拠のある精力剤は、そのほとんどが海外で成分が発見されて開発されたものです。一方で、シトルリンは日本のスイカから発見された成分であるという特徴があります。日本のスイカに含まれていた成分であるため、医療業界でも何らかの治療に役立てることができないかと研究や開発が進められました。

その結果、シトルリンそのものの毒性が非常に小さいということが分かって、特別に医学的な見地から注意をして研究する必要性がないとわかったわけです。このおかげで、現在は医学的な専門施設だけではなく、非医薬品成分として一般企業で研究して開発することが認められました。

シトルリンが、現在においてサプリメントや一般的な精力剤に含まれているのはこのためです。シトルリンは、元々アミノ酸というたんぱく質の一種から成り立っているものであり、しかも他のアミノ酸と異なって独立して存在することができます。

  • アミノ酸…たんぱく質と同じで他の成分と密接に関連する成分
  • シトルリン…アミノ酸だが他の物質と関連しない

男性の精子は、たんぱく質を主な栄養分として生成しているため、独立して存在しているこの成分は精力の改善に非常に効果があると考えられています。必要な命令に応じて即座に動くことができる性質があるため、精力剤に含めておくと精力を改善するために効率的に働いてくれるわけです。

血流の改善とホルモンの改善

そもそも、男性はなぜ勃起不全になってしまうのでしょうか。例えば、老化した男性は勃起力を失ってしまう傾向があります。基本的に、老化した男性が勃起不全になってしまう理由は下記の二つであると考えられています。

  • 血流
  • ホルモン

男性の勃起は、陰茎海綿体という部分に血流が急激に流れ込むことによって発生します。流れ込んだ血液が行くところがなくなって圧迫されると、陰茎が膨張して勃起と呼ばれる現象になるわけです。つまり、根本的に血流が悪いと海綿体に血液が流れ込まなくなるので、勃起をすることができなくなります。

また、これと同様にホルモンの分泌量も影響しています。勃起は、男性ホルモンの影響を少なからず受けていますし、何よりも精子の生成には男性ホルモンの分泌が必要になります。そのため、ホルモンの分泌量が少なくなってくる高齢男性は、必ず将来的に勃起不全になってしまいます。実は、この勃起のメカニズムを理解して対策を行っているのが、専門的な精力剤なのです。

医薬品として提供される精力剤には、血中濃度を著しく変化させて海綿体への血液の流入を促す作用があります。そのため、同じように血中濃度を変化させる食事との相性が悪く、副作用が生じやすい性質があるのです。サプリメントやそれ以外の製品で勃起を改善するときも、基本的にはこのメカニズムを利用して症状を改善していきます。

シトルリンを身体に吸収すると、血管を拡張させる効果がある一酸化窒素を増加させることができます。一酸化窒素が増加すると、自然と血流が良くなって勃起に必要な海綿体への血液の流れを改善できます。また、シトルリンは男性ホルモンを効率的に分泌させてくれる効果もありますので、生殖機能の改善も促してくれます。

これらの効き目に関して医薬品と異なるのは、副作用がほとんど存在しないという点です。メカニズムを理解して同じような対策をしているわけですから、身体に負担なく効果を発揮したいと考えている場合はこちらの方法がおすすめでしょう。

シトルリンとアルギニンを効率的に利用する

アルギニンは、勃起不全を改善するために非常に重要な役割を果たします。ただし、実際に利用する際にはシトルリンを先に利用することがおすすめです。というのも、シトルリンはアルギニンが変化した姿だからです。シトルリンは、体内に吸収するとアルギニンに変化して、勃起不全の改善に必要な効果を発揮します。

一方で、勃起不全の改善の効果を発揮したアルギニンはさらに姿を変えてシトルリンに戻る性質があります。つまり、これら二つは常に相互関係にあるため、この二つを効率的に利用することがおすすめなのです。では、なぜ相互関係にある二つの成分なのにシトルリンをまず摂取したほうが良いのでしょうか。

それは、シトルリンを利用したほうが身体に対するダメージが小さくて済むからです。人間は、体内に栄養分を吸収させるときに肝臓を通して必要な栄養分を選別します。このとき、肝臓からの攻撃に対してアルギニンは非常に弱く、シトルリンのほうが耐性が強いことが分かっています。

シトルリンを摂取したほうがそのまま血中に良い栄養分を吸収させやすく、後からシトルリンをアルギニンに変化させた方が勃起不全の改善には効率が良いのです。

一般市場で販売されている精力剤には、シトルリンやアルギニンが多く含まれている製品が提供されていますが、上記のことを踏まえると良い製品を選ぶコツはシトルリンを多く含んでいる製品であるということが分かります。医薬品と比較して低コストで入手できるのも魅力ですし、副作用もなく内臓へのダメージも少ないことからおすすめだと言えます。

-精力剤

Copyright© ペニス増大サプリランキング2018年!増大するサプリ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.