ペニス増大サプリでチンコを増大しませんか?このページでは効果が分かったペニス増大サプリを5つご紹介しています。

ペニス増大サプリランキング2018年!増大するサプリ

精力剤

精力剤を試してみたい人必見!効果と副作用について!

投稿日:

精力剤について

精力剤とは、以前よりも低下した精力や勃起を取り戻すためのアイテムです。精力剤と一言で言っても、その中には、精力増強剤や強壮剤、ED治療薬、勃起剤、メンズサプリなどさまざまなものが含まれています。

そのため、精力剤を大きく分けると、医薬品と医薬品以外の2つに分類することができます。そこで、今回は精力剤の区分けや種類、配合されている成分などについて、詳しく見ていくことにしましょう。

精力剤

  • 非医薬品に分類
  • 別名は、性力剤・性力増強剤・精力増強剤・メンズサプリなど
  • 成分には、アルギニン・シトルリン・亜鉛・マカ・その他などが配合

滋養強壮剤

  • 医薬部外品に分類
  • 別名は、強壮剤
  • 成分には、タウリン・他生薬エキスなどが配合

勃起薬

  • 医薬品に分類
  • 別名は、ED治療薬・勃起剤・勃起促進剤など
  • 成分には、シルデナフィルクエン酸塩、塩酸バルデナフィル水和物・その他などが配合

強精剤

  • 医薬品に分類
  • 別名は、性ホルモン剤
  • 成分には、メチルテストステロンなどが配合

精力剤を飲んだ場合の精力や勃起に対する効果とは

精力剤が、精力減退や勃起力低下に与える効果は、ED治療薬や強精剤とは全く違うものです。精力剤は、勃起や精力に関わる内臓器官に対して栄養を与えることにより、機能を保ったり、元気を付けたりするものです。

そして、これにより、精力や勃起に影響を与えてくれるのです。精力剤がおすすめの理由は、精力剤自体が効果をもたらすと言うよりは、自分の持っているポテンシャルを最大限に発揮させてくれることにより、精力増強や勃起力の向上に繋がる効き目が現れるからなのです。

精力や勃起に対する根本的な解決をしていくためには、精力剤を使用することで、その人が本来持っている力をアップさせていくことが大切なのです。

最近、精力減退や勃起力低下が気になってきたからといって、ED治療薬や強精剤を飲んだとしても、根本的な部分が治るというわけではありません。つまり、ED治療薬を飲み続けたとしても、根本的な悩みは解決しないと言うことなのです。

例えば、発熱した場合に置き換えて考えてみましょう。高熱が出た場合に座薬を使用すると、一時的に発熱は治まるかもしれませんが、座薬の効果が切れた場合には、また熱が上がる可能性があります。それと同様で、ED治療薬を飲んだ場合、一時的に精力がアップし効き目が現れるかもしれませんが、ED治療薬の効果が切れた場合には、元通りに戻ってしまうということです。

つまり、ED治療薬や強精剤などは、一時的な措置に他ならないのです。本当の意味で、低下した精力と勃起力を取り戻すためには、生殖機能を高めていかなくてはなりません。精力剤は、そのためにとても有効で、おすすめのアイテムと言っていいでしょう。

精力剤の副作用について

精力剤は、基本的に医薬品ではないためED治療薬や強精剤ほどではありませんが、まれに副作用が現れる場合があります。基本的に、サプリメントですら副作用の確率が全くないという訳ではないため、どのようなものでも多少の副作用の可能性はあると言えます。

また、体質や組み合わせ、摂取方法などによっても、副作用の可能性は少なからずあるため、これから精力剤を飲もうと思っている人は知っておいた方がいいでしょう。

過剰摂取による副作用

精力剤の副作用として、最も気を付けなければならないのが過剰摂取です。これは、メーカーが規定している摂取量や飲み方をきちんと守っていれば、まず問題はありません。しかし、中には、たくさん飲んだ方が効き目があると思い、規定量よりも過剰に摂取する人もいるので、注意しなければなりません。

また、精力剤の中には、ビタミンEが含まれているものも多くありますが、アメリカではビタミンEの過剰摂取による副作用も指摘されています。そのため、現在サプリメントを摂取しており、その中にビタミンEが入っている場合は、ビタミンEを含む精力剤を飲んだ場合に、過剰摂取になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

アレルギーや体質による副作用について

アレルギーやその人の体質によって、精力剤の副作用が現れる場合もあります。これは精力剤に限らず、普段の食事同様に、誰にでも起こる可能性があります。

精力剤には、大豆や卵など3大アレルゲンと呼ばれる原料を使っている商品も数多くあります。自分がある食べ物のアレルギー体質だと知っていれば、精力剤に記載されている成分表を見て判断できます。

しかし、さらに注意が必要なのが、栄養素以外の防腐剤などの加工物に対するアレルギーを持っている人の場合です。精力剤には、成分を固める凝固剤や品質を保つための防腐剤が少なからず含まれています。これ自体にアレルギーを起こす人もいるからです。

また、加工物を含んだ商品を継続使用することが原因で、抗体ができてしまいアレルギー反応を引き起こす場合もります。その点から考えると、アレルギー体質ではない人も注意が必要です。但し、これは日頃から、サプリメントや栄養補助食品などを摂取している人にも、同様に言えることです。

現在飲んでいる薬との併用には注意が必要!

精力減退や勃起力の低下を感じ始める歳にもなると、通院していたり、持病による薬を処方されている人も少なくありません。精力剤はさまざまな栄養素が配合されていますが、薬との併用には注意しなければなりません。むしろ、病院で出された薬などを服用している人は、併用は避けた方がいいでしょう。

なぜなら、精力剤を併用することによって、服用している薬の効き目を悪くしてしまったり、逆に副作用を強くする可能性などがあるからです。しかし、どうしても、精力剤を飲みたいと思っている人は、通院先の担当医や薬剤師などに相談するのがおすすめです。

精力剤の栄養成分の配合量と組み合わせについて

精力剤に含まれている成分や配合量にも注意が必要です。実は、含まれている成分量が多ければ多いほど、効き目があるというわけではありません。

精力や勃起に繋がる栄養素をバランスよく取り入れることが最も大切なことであり、効果的だからと言って、ある特定の成分のみを多量に摂ったとしても、上限量を超えれば排出されたり、過剰摂取による副作用のリスクも高くなるからです。

特に、精力剤の中でも亜鉛やシトルリンなどはおすすめの成分ですが、これら単体成分のみを売りにしている商品の場合は、その成分だけを凝縮しているタイプなので、過剰摂取に繋がる可能性もあります。

また、一つの商品のみを飲んでいる場合はいいのですが、いくつもの商品を組み合わせて一緒に飲む場合には、成分同士が重なって、栄養素の吸収率や効き目を悪くしてしまうという可能性もあります。例えば、有名なのがカルシウムと鉄分です。この栄養素の組み合わせは、両者の成分吸収率を低下させてしまうことが知られています。

精力剤に含まれている定番成分の1日の摂取量の目安と上限摂取量について

精力剤に含まれている定番成分の1日の摂取量の目安については、以下の通りです。

  • ビタミンE  6.5mg
  • ビタミンB2  1.5mg
  • ビタミンB6  1.4mg
  • ビタミンB12  2.4mg
  • 亜鉛 10mg
  • シトルリン 800~900mg
  • アルギニン 2,000~4,000mg

精力剤に含まれている定番成分の1日の上限摂取量については、以下の通りです。

  • ビタミンE 800~900mg
  • ビタミンB2 必要摂取量を超えた場合、吸収されずに排出
  • ビタミンB6 50~60mg
  • ビタミンB12 必要摂取量を超えた場合、吸収されずに排出
  • 亜鉛 40~45mg
  • シトルリン 必要摂取量を超えた場合、吸収されずに排出
  • アルギニン 必要摂取量を超えた場合、吸収されずに排出

これらの各成分の摂取量の目安や上限摂取量につては、年齢や性別、生活習慣なども若干の適切な摂取量が変わってくるため、参考程度に頭に入れておくのがおすすめです。

-精力剤

Copyright© ペニス増大サプリランキング2018年!増大するサプリ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.