ペニス増大サプリでチンコを増大しませんか?このページでは効果が分かったペニス増大サプリを5つご紹介しています。

ペニス増大サプリランキング2018年!増大するサプリ

精力剤

精力剤の成分・アルギニンとは?効き目はアルギニンで変わる

投稿日:

アルギニンで精力を取り戻す

市販で購入可能な精力剤には、精力の回復に大きな効果を期待されている成分がいくつか含まれています。その中でも、アルギニンという成分が大きな役割を果たしているのでおすすめです。

アルギニン…アミノ酸の一種で様々な物質と関連する成分

アルギニンは、アミノ酸の一種として存在している成分であり、精力剤だけではなく医薬品やサプリメントにも利用されている非常に効果の高い成分です。なぜこの成分がおすすめなのかというと、アルギニンはアミノ酸の一種であるため、体内に吸収するとタンパク質と同じ効果を発揮し、しかも他の成分の効果を相互的に高めてくれる作用もあるからです。

元々、タンパク質はアミノ酸によって構築される成分であり、しかもタンパク質は男性の精子の生成に不可欠な栄養分として利用されています。そのため、アミノ酸の一種であるアルギニンを摂取すると、精力を回復させるための下地を身体の中で作れておすすめなのです。

アルギニンの効き目と役割

アルギニンには、アミノ酸としての効果だけではなく、根本的な精力の改善に必要な二つの効き目も確認されています。

  • 成長ホルモンの改善
  • 血流関連の改善

アルギニンは、特に男性用の精力剤に多く含まれている成分です。これは、男性の勃起に必要なホルモンや成分を補充できる役割が存在するからに他なりません。確かに、アルギニンはタンパク質の一種であるため、それだけで新しい精子の生成に必要な栄養分を補充してくれます。

しかし、肝心の勃起力を改善できないと精子を生成できたとしても意味がないので、それを改善するための効果も求められます。そこで重要になるのが、成長ホルモンと血流の二つです。成長ホルモンというのは、男性機能の改善の効果があるだけではなく、成長期の人間に対して多く分泌される非常に魅力的なホルモンです。

骨や筋肉を成長させて細胞を活性化させ、思春期の人間の肉体を成長させる効果が存在します。実際に、成長ホルモンを利用したサプリメントはアルギニンに限らず多く存在しますので、精力の改善に加えて免疫機能の改善や新陳代謝の向上なども確認されています。

アルギニンは、身体に吸収すると成長ホルモンと同じ働きをすることが医学的な研究施設によって明らかにされています。脳下垂体という部分が成長ホルモンを分泌するのですが、この部分を刺激して勃起に必要なホルモンの分泌を身体の中から促します。人間は、老化をするとこの成長ホルモンの分泌を阻害する物質が勃起の邪魔をしてしまいます。

アルギニンには、その物質の働きを抑制してくれる効果もあるため、勃起の改善に関する医学的なメカニズムからも効果が高いと証明されているわけです。こうしたホルモンに反応して人間は勃起することができるため、まずはアルギニンで成長ホルモンの分泌を促すことが大切です。

男性ホルモンの分泌を促す

精力剤の大半には、上記のような成長ホルモンの分泌を促す成分が多く含有されています。では、そもそもなぜ成長ホルモンが生殖器に直接的に影響を与えるのでしょうか。これは、アルギニンによって男性ホルモンの分泌も活性化するからです。実は、男性の生殖器に直接的な影響を与えているのは男性ホルモンという物質です。

人間の成長ホルモンの分泌量は、生涯分泌量として最初から決まっており、思春期を境にして急激に下がってしまうことが分かっています。特に、30歳を超えると思春期と比較して成長ホルモンが半分以下の分泌量になってしまうため、勃起に必要な男性ホルモンのバランスも自然と落ちていってしまうのです。

高齢である60歳になると思春期の75%以下まで落ちてしまうので、これがどれだけ重大なことかが分かるでしょう。そのため、こうした勃起のメカニズムを利用して成長ホルモンを補充し、再び男性ホルモンを分泌させることが非常に大切になります。

しかも、成長ホルモンそのものを分泌させることは身体にとって何のデメリットもありません。身体的な副作用がほとんど存在しないので、精力を改善したいと考えている場合にはアルギニンは非常におすすめなのです。

一酸化窒素と男性ホルモンの関係

一酸化窒素で勃起力が回復する

アルギニンによって、成長ホルモンが刺激されて男性ホルモンが分泌されるようになると、身体の血流も良くなって結果的に勃起の改善を促します。この時、身体の中ではさらにもう一つの物質が重要な役割を果たしています。その物質は、一酸化窒素と呼ばれるものです。血管の中には、血管内皮細胞という細胞が存在します。

この細胞は、血圧のコントロールや血管内に存在する傷の修復を行っているとても重要な細胞で、同じように一酸化窒素もこの細胞から分泌されています。一酸化窒素は、血管内の健康管理を実質行っている大切な成分であるため、血液の流れが大きな役割を果たす勃起にも多大な影響を与えています。

実際に、陰茎海綿体に血液を勢い良く流すためには、この一酸化窒素の役割が不可欠になります。一酸化窒素は、性的な刺激や興奮を受けることで、勃起を促すための物質を生み出します。こうした一酸化窒素が勃起のために生成する物質を、サイクリックGMPと言います。アルギニンは、サイクリックGMPを効率的に作ることができる成分として非常におすすめです。

アルギニンは、元々人間の身体の中で一酸化窒素を作るための材料として使われている成分ですが、アルギニンそのものも他の勃起が必要な物質と同様に30代を境に急激にその生成量が少なくなります。ですから、アルギニンを摂取して一酸化窒素の材料を補うことは勃起の改善には不可欠だと考えられています。

  • 男性ホルモン
  • 成長ホルモン
  • 代謝機能
  • アルギニン

老化によって衰えていく勃起に必要な物質や機能は、上記のとおりです。精力剤を購入する場合には、必ず生成量が低下した物質や落ちた機能を改善してくれる成分が入っているかを確認しなくてはいけません。精力剤を用いた具体的な勃起の改善の流れとしては、下記のようになります。

まず、アルギニンを含んだ精力剤を利用することで、身体に勃起に必要な栄養分が満たされます。そこから、実際に脳が性的な刺激を受けることで、副交感神経などが刺激されてホルモンを分泌します。さらに、アルギニンによって血管の拡張作用の効き目も期待できることから、性的な刺激や興奮も相まって血管の拡張が行われ、一酸化窒素の分泌が促されます。

その後に、サイクリックGMPによって陰茎海綿体に血液が流れ、無事に勃起できるようになります。このように、アルギニンを含む精力剤を利用すると、医学的な根拠の下にきちんと勃起を改善できるようになります。

アルギニンで色々な物質が繋がる

成長ホルモンによって男性ホルモンの分泌を促すことは、実は一酸化窒素の役割を効率的に促すための効果も発揮します。男性ホルモンには、生殖器の機能を保つだけの役割だけではなく、実は一酸化窒素を生成する役割もあります。アルギニンを取り込むと勃起を改善できるのは、こちらの効き目も無関係ではありません。

男性ホルモンを分泌させれば一酸化窒素の生成の手助けになりますし、一酸化窒素を生成すれば男性ホルモンの効き目をより高くできます。基本的に、アルギニンにはこうした様々な物質の関連性を強くする働きがあるため、これが大きく勃起の改善に影響しているということを忘れないようにしておきましょう。

-精力剤

Copyright© ペニス増大サプリランキング2018年!増大するサプリ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.